はじめまして。おてカメラメンバーの

釈尼法爾(しゃくにほうに)です。

ほうにん♪と読んでくださいね。

ほうにんが「ほとけの言葉と写真展」の

ご紹介をいたしますね。

どうしてお寺で写真展なんだろう?

「私、よくお寺にいくのよ」、「行きつけの

お寺があるの、一緒に行かない?」という人

はあまりいないと思います。

ホント、立派な建物を見たら、なんだか高い

ところにあって気楽にいっちゃいけないとこ

ろのような雰囲気ですよね。

ちょっと怖い、お葬式をイメージするなどで

気楽にいけないですよね。わかります、

ごもっとも。

もちろん気楽に行っちゃいけないお寺もあります。

でも明楽寺は「本来お寺は、みんなが手をあわせ

たい、自分と向き合いたい、日常から離れて

静かに考えたいという時にいつでも行っても

いいんだ、」と思っているお寺です。

生きる方向を見失いそうになった時、なんで

自分ばかりがこんな目に合うのか、私はこの

先どう生きたらいいのかわからないと、どん

底(◎_◎;)になった時、

時には仏さまはいったい私をどんなふうに助

けてくれるのか?を聞いてみたりもできます。


今、生きている私が「幸せに生きることができる」のを学ぶところ。


問題だらけの毎日。そんな中でふっと力を抜いて「立ち止まる」ところ。



そんなお寺の本堂で、明楽寺のご住職がセレ

クトした言葉、約30点と地元のママカメラマ

ン3人の素敵な写真を本堂で表現いたします。


あなたは写真や言葉から、なにを受け取ることができるでしょうか?


お寺という場所は

いったん立ち止まり、今の自分の生き方を考えてみる、

そんな場所でもあります。


なので今回の写真展を行うことは

なにも特別な事ではないと思っています。




普段は門徒さんや地元の先輩の方々が手を

手を合わせておられる本堂。

60歳以上の方がご常連様みたいですが、

いやいや本当はだーれでも入っていいんで

す!

昔は子供たちの遊び場だったんですもの。

この写真展ははぐ~っと対象年齢が下がっ

ておりますよ。

大きな門をくぐると正面に本堂が見えて

きます。

さあ、写真展の場所はこの中です。