ほうにんの成りきり解釈 

     

「思い通りにならないことを 

思い通りにしようとしなければ

 『苦』はなくなる」

ここで、小さな仏教のトレーニングをしてみませんか?

ちょっと小さな幸せが身に付くかも。

例えば、レジ待ちでならんでいる時、

おばあさんがもじもじ財布からお金を出している。

あなたは帰りを急いでいる。

「もー早くしてよー」と思いますよね。

イライライライラ。小さな苦痛です。

ちょっとだけ思い通りになりません。


これからがトレーニングです。

いったん深呼吸。

ゆったりとした気分で充分待ってあげましょう。

そしておばあさんに微笑みかけましょう。

(笑)

そこでおばあさんがあなたに「ごめんね」という態度

をとってもとらなくても、どちらでも一向にかまわない。

できますか?(笑)


これでいいのです。ちょっと損をしてみるのです。

ちょっとあなたの時間を布施することでおばあさんだけでなく、

誰かわからない何かにきっと影響していると思います。

思い通りにならないトレーニング。

それを受け入れていくトレーニング、

思い通りにならないことも

ひっくるめて私の人生を生きる、

小さなトレーニング、結構できるものですよ。


「薔薇の木に薔薇の花咲く

 何ごとの不思議なけれど」

       北原白秋

そうなんです。バラの木にバラの花が咲くのは当たり前。

なんの不思議もないけれど、

「不思議なこと」。


バラの花が咲くにはさまざまな要因がかさなっています。

雨、土、栄養、気温、虫が食べなかった、枝が折れなかった

などなど一輪が咲くためにどれだけの偶然が重なったか・・。

あなたが今そこにいるのも、子供たちがそばにいるのも、

空気が美味しいのも、水が美味しく飲めるのも、

あたりまえ。手があるのも、足があるのも、鼻があるのも

口があるのも、そしてそして生きてるのも・・・。

あたりまえだけど不思議なこと。

その不思議なことを仏様が与えてくださった「ご縁」と

いただき、よいことも悪いこともどちらもありがたく

いただきたい、そんなhotokenokotobaだと思います。